県内 引越し 住民票

引越しで必要となる手続きは?

県内での引越しで住民票など手続きに必要なことは?お勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

引越しをする際には様々な手続きが必要になりますよね。
電気やガス、水道だけでなく、インターネットや銀行や郵便物の住所変更などを
しなければならず、手続きばかりで面倒だと感じている方も多いはず。

 

その中で忘れてしまいがちなのが住民票の異動です。
引越しをした場合、住民票はどのような扱いになるのでしょうか。
例えば、県内の引越しの場合はどのような手続きをすれば良いのかについてご紹介します。

 

県内引越しの場合も住民票の変更は必要?

結論から言うと、例え県内の引越しだったとしても
引越しから14日以内に住民票を異動させなければなりません。

 

これは義務として定められており、もしも移動させなかった場合には
50,000円以下の過料が発生する可能性があるのです。

 

特例として、引越しをするものの、1年未満に引越し前の住所に戻る場合や、
生活の拠点が異動しない場合には罰則の対象にならない場合がありますが、
このあたりは曖昧だといえるでしょう。

 

住民票の異動を行わなかった場合、運転免許証の書き換えや印鑑登録ができなかったり、
確定申告をする際に旧住所を管轄している税務署に行かなければならない
といったデメリットがあるので、引越しをしたら住民票の書き換えはしっかり行っておきたいですね。

 

住民票の異動をするためには、前の居住地がある市区町村の役場に
転出届を出して転出証明書をもらい、
新居の役場で転出証明書を添えて転入届を出す形になります。

 

役場で必要なその他の手続きをする際についでに行うと楽です。

 

県内での引越しで住民票など手続きに必要なことは?お勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

 

引越し業者探しも忘れずに

いろいろやらなければならないことがあって引越しの直前まで
業者選びをするのを忘れていたという方もいるようです。
しかし、できるだけ料金を安く済ませるためにも引越し業者はしっかり比較しておきましょう。

その際に一括見積もりサービスを活用すると非常に便利です。

一括見積もりサービスを使えば複数の引越し業者に対して
まとめて見積もりを依頼することができるため、
かなり効率よく引越し業者の比較ができます。

 

無料で利用することができるのでぜひチェックしてみてくださいね。
1社ずつ引越し業者を調べる必要がないだけでなく、
料金の比較やサービスの比較も簡単に行うことができます。

 

引越しの前後はやらなければならないことが沢山あるので
業者選びにかける時間はできるだけ節約しましょう。
そして、節約した時間を使って引越しに伴う手続きなどを済ませるのがおすすめです。

 

県内での引越しで住民票など手続きに必要なことは?引越し一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。